SPF、PA+の意味を知ってますか?

こんにちは☀
健美サロンYAMAKIです♪

日焼け止めや化粧品でよく見る
SPFとPA++の表記の意味を
知っていますか?


私は…知らなかった!!
なんとなく高い方がいい気がする程度で
あまり気にした事がありませんでした🤭

知ると結構面白いので
詳しく書いていきますね♡♡

まずは紫外線についてのおさらいから🌟




紫外線は波長が長いUV-Aと
波長が短いUV-Bに分かれていて

1年中、お天気問わず降り注いでいます!!

なのでUVケアは1年中行うのが
鉄則です🙆♀

なぜ夏ばかり焼けるのか??というと

肌の露出が増えると共に
BBQやフェスなどのイベントや
海、川、プールなど

外で行動する事も自然と多くなるから⛱
それだけではありません。

紫外線の中でもUV-Aは
ガラスも潜り抜け室内にいても
肌へダメージを与えていきます…

なので、家の中で半袖で過ごすだけでも
ダメージを受けている可能性があります!!

紫外線がシミ、シワ、
たるみ、くすみなど
様々な肌トラブルの原因
この事を光老化と言います😖

よく、「紫外線を浴びないと
ビタミンDが合成されない」と言いますが

日常的に(仕事や学校など)外出する人であれば
十分合成されます❗❗


ここからやっとSPF、PAのお話に
入りまーーーす!!


SPF(SunProtectionFactor)

紫外線UVB波の防止効果を示す指標で皮膚に赤みができるまでの時間を何倍長くできるかを表したもの🌟

日本では上限が50+となっています。

海外にはもっと大きな値のものもありますが、50以上は「意味がない」とされ、現在は「50+」が最高値になっています。

PA(ProtectionGrade ofUVA)

+の数で表示されるPA値は

VA波をどれだけブロックするかを示す指標。皮膚の黒化を防ぐもので、

今年は最大値「++++」まで示すことが可能となりました🍀

色素沈着を起こすまでの時間を、

「+」は2~4倍、「++」は4~8倍、

「+++」は8~16倍、「++++」は16倍以上引き延ばします。

数値の違うものを塗り重ねた場合

足し算はされません

防御効果はプラスされます(^o^)👌



日常使いはSPF20~30、PA++でOK✨

絶対焼きたくない人、シワが気になる人、屋外に出ることが多い人は

SPF50、PA++++を選びましょう🌞🌴

シミは回復する可能性はありますが、

いったんシワができてしまうと、回復するのは難しいので、予防で使っても良いと思います☆彡.。



日中紫外線をしっかり対策した後は

クレンジング&保湿

を忘れずに( * ॑꒳ ॑*)⸝⋆。✧♡

↓ご予約お問い合わせはこちら↓


〒435-0054
浜松市中区早出町1256-5


LINEからもご予約いただけます♡♡
08065846615電話番号検索または
QRコードよりお友達登録お願いします♪




インスタグラムDMからもご予約いただけます♡
お気軽にご連絡くださいませ♪
@salonyamaki



心よりお待ち申し上げます🌿




健美サロン YAMAKI


⭐袋井本店⭐


《住所》
袋井市月見町3-5 パルクレールⅡ 107


《定休日》
不定休


《営業時間》
10:00~21:00
(最終受付 20:00)


《電話予約》
0538-49-3210


《LINE ID》
salonyamaki




⭐浜松店⭐


《住所》
浜松市中区早出町1256-5


《定休日》
不定休


《営業時間》
9:00~22:00
(最終受付 20:00)


《電話番号》
053-582-8805